We have an updated report [Version - 2024] available. Kindly sign up to get the sample of the report.
all report title image

世界的機関車リース市場規模が評価されると推定される 2023年10月07日 そして到達する予定 2030年までに17.25億米ドル、混合の年次成長で育つ 2023年から2030年までの割合(CAGR)。

Locomotiveリースは、柔軟性、資本投資の削減、および所有権の負担なしに近代的で効率的な機関車へのアクセスなど、企業にいくつかの利点を提供しています。 この市場は、幅広い分野に参入しています。 レール 貨物輸送、鉱山、 石油・ガス、および産業製造業は、機関車が物品および材料を運ぶことの重要な役割を担います。

機関車リース市場の成長に貢献する重要な要因の一つは、世界中の鉄道ネットワークの近代化と拡大の必要性です。 多くの国はインフラ開発に投資しており、リース機関車は、所有権に関連した長い調達プロセスなしで、必要なローリングストックを迅速に取得することを可能にするオプションを提供します。 さらに、環境問題と持続可能な輸送への焦点は、燃料効率と環境に優しい機関車に対する需要がさらに高まり、企業が最新の技術と緑の機関車へのアクセスを提供するリースオプションを選ぶように促しています。

グローバル機関車リース市場動向

  • 北アメリカ: 北アメリカは2022年に25%以上の株式を占めています。 北アメリカ地域には、十分に確立され、成熟した機関車リース市場があります。 米国とカナダは、堅牢な鉄道貨物輸送業界の存在によって駆動され、この市場で重要な選手です。 北アメリカの機関車リースの需要は、主に、代替貨物、エネルギー資源、および産業製品を含む広大な距離にわたって商品の効率的な輸送の必要性に起因しています。
  • ヨーロッパ: ヨーロッパは、機関車リースの第2位市場であり、2022年に23%以上のシェアを占めています。 ドイツ、フランス、英国などの国 この地域の市場成長に大きな貢献者です。 欧州機関車リース市場は、クロスボーダー取引、レール貨物接続などの要因によって駆動され、老化機関車の近代化の必要性。 欧州連合(EU)は、持続可能な輸送と炭素排出量削減に重点を置き、燃費と環境にやさしい機関車に対する要求をさらに推進し、リース企業への機会を創出しています。
  • アジアパシフィック: アジアパシフィックは、2022年に33%以上のシェアを占める機関車リースの最速成長市場です。 アジア太平洋地域における機関車リース市場は、急速な産業化とインフラ整備により、大幅な成長が見られます。 中国やインドなどの国は、広範な鉄道ネットワークと重要な輸送ニーズを持っているので、この市場で重要なドライバです。 製造部門を拡大し、都市化を成長させ、コモディティの需要が高まっています。 また、中国におけるベルト・アンド・ロード・イニシアチブのようなイニシアチブは、複数の国における貿易とコネクティビティを育成することにより、機関車リース市場をさらに高めました。

プロフィール 1. グローバル機関車リース市場シェア(%)、地域別、2022

機関車リース市場

To learn more about this report, request a free sample copy

アナリスト視点:

世界的機関車リース市場は、今後数年間で安定した成長が見込まれる見込みです。 新興国における鉄道インフラ整備により、リース機関車への需要が高まります。 既存のネットワークを整備し、新しいレールラインを構築し、リース会社のための機会を提供します。 また、大幅な先行投資なしでレールフリートを近代化しようとする政府はリースに向けています。 これは、予算からシジブルな資本支出を削除します。

グローバル機関車リース市場ドライバー:

  • コスト効率性: Locomotiveリースは、機関車を購入する費用対効果の高い代替手段を提供しています。 リースは、企業が実質的な先行投資や保有機関に関連する継続的なメンテナンスコストを回避することができます。 リース期間の面で柔軟性を提供し、企業が資本資源を効率的に割り当てることを可能にします。
  • インフラ整備: 鉄道ネットワークや産業回廊などのインフラ開発への投資は、機関車リース市場の重要な要因です。 政府や民間企業は、貨物輸送の増加をサポートし、輸送の持続可能なモードを促進するための鉄道ネットワークを拡大しています。 これらのエンハンスは、これらのエンティティティが、迅速なインフラ開発を促進し、長い調達プロセスなしで必要なローリングストックを迅速に取得することができます。
  • 操作の柔軟性: Locomotiveリースは、事業の柔軟性を提供します。 企業は、過小評価や過半減のリスクを削減し、変動輸送要求に応じて艦隊のサイズをスケールアップすることができます。 また、企業は、業務の要件に合わせて特定の機能を備えた特殊な機関車や機関車にアクセスし、運用効率を向上させることができます。
  • 技術開発: : : 機関車リース市場は、機関車設計および効率の技術的進歩によって運転されます。 リースにより、燃料効率、排出削減、性能向上などの高度な機能を備えた最新の機関車モデルにアクセスすることができます。 厳しい環境規制と持続可能性に重点を置いた企業は、環境目標と整合する緑豊かな機関車へのアクセスをリースすることを選択します。 2023年、ガーソン・リロケーション(Gerson Relocation)は、Ease Internationalの従業員移転に新技術を導入しました。

グローバル機関車リース市場機会:

  • 新興市場: : : 鉄道インフラ開発が進行中または計画されている新興市場で大きなチャンスがあります。 アジア、アフリカ、中南米の国は、経済成長を促進し、輸送のコネクティビティを改善するために鉄道の拡大プロジェクトに投資しています。 自治体や企業と提携し、これらのインフラ開発を支援する機関やリースサービスを提供することで、このような機会に投資することができます。
  • 緑と持続可能なソリューション: : : 持続可能性と環境意識の向上が、機関車リース市場における機会を提示する。 政府や産業は、炭素排出量を削減するために、よりグリーンな輸送ソリューションを求めています。 Locomotiveリース会社は、代替燃料、ハイブリッド技術、電気推進システムを搭載した環境に優しい機関車を提供することで、この傾向を活用することができます。 持続可能な機関車オプションを提供することにより、企業が環境に配慮したクライアントを引き付け、市場内で差別化することができます。
  • 技術開発: 技術の急速な進歩はリースセクターの革新の機会を提示する機関車産業を再構築しています。 モノのインターネット(IoT)、テレマティクス、予測保守などのデジタル技術の統合により、機関車の性能を高め、ダウンタイムを削減し、運用効率を最適化することができます。 Locomotiveリース会社は、リモートモニタリング、予測分析、メンテナンスの最適化などの高度なサービスを提供するため、これらの技術を埋め込むことができます。
  • 鉄道貨物輸送成長: : : 効率的で持続可能な物流ソリューションの需要増加によって駆動される鉄道貨物輸送の成長、機関車リース市場における機会を提示します。 レールは、他の輸送モードと比較して、より大きな貨物容量、燃料消費量を削減し、排出量を削減するなどの利点を提供します。 自動車リース企業は、自動車、農業、消費財などの鉄道貨物に大きく依存する業界をターゲットにすることができます。

機関車リース マーケットレポートカバレッジ

レポートカバレッジニュース
基礎年:2022年2023年の市場規模:US$ 10.07 ベン
履歴データ:2017年~2021年予測期間:2023年~2030年
予測期間 2023〜2030年CAGR:8%の2030年 価値の投射:US$ 17.25 ベン
覆われる幾何学:
  • 北アメリカ: 米国とカナダ
  • ラテンアメリカ: ブラジル, アルゼンチン, メキシコ, ラテンアメリカの残り
  • ヨーロッパ: ドイツ、英国、スペイン、フランス、イタリア、ロシア、欧州の残り
  • アジアパシフィック: 中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、アセアン、アジアパシフィックの残り
  • 中東・アフリカ: GCCについて 国、南アフリカ、中東地域
カバーされる区分:
  • 機関車のタイプによって: 燃料(ディーゼル機関車、電気機関車、ハイブリッド機関車、その他の代替燃料機関車)、ホイールアレンジ(Bo-Bo、Co-Co、B-B、その他(AIA-AIAなど)
  • リースタイプ: フルサービスリース、ネットリース、ファイナンスリース、運用リース
  • エンドユーザー業界: 鉄道貨物輸送、鉱山、石油およびガス、産業製造業、構造、他
  • リース期間: 短期リース(1年未満)、中期リース(1-5年)、長期リース (5年以上)
  • 適用によって: 交通機関、貨物交通機関、乗客の交通機関、捜すことおよび転換の操作、他
  • Locomotive力容量によって: 低電力機関車、中電力機関車、高電力機関車
  • リースプロバイダー: 独立リース会社、レールオペレーター、オリジナル機器メーカー(OEM)、金融機関
対象会社:

株式会社GATX、プログレス・レール(ACaterpillar Company)、TrinityRail、三井物産株式会社、Beaconレールリース、Railpool、SMBCレールサービス、VTGレールリース、三井物産株式会社、Touaxレール株式会社、CITグループ株式会社

成長の運転者:
  • コスト効率性
  • インフラ整備
  • 操作の柔軟性
  • 技術開発
拘束と挑戦:
  • 高い初期費用
  • 規制・環境対応
  • メンテナンスと修理

グローバル機関車リース市場 トレンド:

  • 電化および代替燃料: : : 緑化およびより持続可能な輸送ソリューションへのシフトは、電動機関車および代替燃料の採用を推進しています。 化石燃料に対する炭素排出量削減と依存性の向上に重点を置いています。 Locomotiveリース会社は、自然ガスや水素などの代替燃料を搭載した電気およびハイブリッド機関車、および機関車に対する需要の増加を目撃しています。 電化と代替燃料への傾向は、リース企業がポートフォリオを拡大し、環境に優しい機関車を提供する機会を提示します。
  • デジタル化とデータ分析: デジタル技術とデータ分析は、機関車リース業界を変革しています。 IoTセンサーとコネクティビティは、機関車の性能、予測保守、リモート診断のリアルタイムモニタリングを可能にします。 これらの進歩は、機関車効率を改善し、メンテナンススケジュールを最適化し、ダウンタイムを削減するのに役立ちます。 Locomotiveリース会社は、予測保守サービス、リモートモニタリング、パフォーマンス最適化ソリューションを提供するために、データ分析を活用しています。 デジタル化をリース業務に統合することで、企業が顧客満足度を高め、コストを削減し、フリート管理を改善することができます。
  • 特化機関車リース: 鉱業、石油およびガスおよび重い運搬量のような特定の条件の企業は、頻繁に独特な特徴および機能の専門にされた機関車を要求します。 これらの業界固有のニーズに応える特殊な機関車を含む、 Locomotiveリース企業は、その提供を拡大しています。 例としては、採掘作業や、重い用途のための強化されたブレーキシステムを備えた機関車など、より積極的な労力を持つ機関車が含まれます。 リース専門機関車は、これらの部門の企業が所有権の長期的コミットメントなしで必要な機器にアクセスすることができます。
  • コラボレーションとパートナーシップ: コラボレーションとパートナーシップは、機関車リース市場でますます重要になっています。 リース会社は、鉄道事業者、メンテナンスプロバイダー、および技術会社と提携し、統合および包括的なソリューションを提供します。 戦略的アライアンスにより、企業がリソースをプールしたり、専門知識を共有したり、付加価値サービスを顧客に提供したりすることができます。 鉄道事業者とのパートナーシップにより、既存の顧客基盤やインフラへのアクセスをリース会社が提供され、保守業者とのコラボレーションにより、信頼性と効率的なサービスサポートを実現します。 2023年に、 ビーコンレール パートナーは、フルサービスの機関車リース会社である三井鉄道キャピタル・ヨーロッパ(以下「MRCE」)を買収しました。 この買収により、Beacon Rail Partnersは、より大きな機関車を買収し、新たな市場への参入を拡大しました。

グローバル機関車リース市場規制:

  • 高い初期費用: : : リースしているにもかかわらず、機関車の艦隊を必要とする、重要な初期コストを含みます。 不動産リース会社は、メーカーからの購買やリース機関に投資する必要があります, 実質的な金融コミットメントであることができます. これらの費用は、前払い、維持費、保険、その他関連する費用を含みます。 高い初期費用は、リース会社を小さくしたり、既存の企業の拡大を制限したりするための障壁として機能することができます。 機関車リース市場でこの規制および環境コンプライアンスを把握するために、同社は、現在の規制当局と環境要件を満たしていることを確認するために、リースされた機関車のすべての包括的なコンプライアンス評価を実施し、非準拠ユニットを特定し、不足に対処するための計画を開発することができます。
  • 規制・環境対応: : : 機関車産業は、組織を支配することによって課される厳格な規則と環境基準の対象となります。 これらの規則の遵守は、特定の排出基準、騒音制限、および安全要件を満たす機関車が必要です。 不動産リース会社は、リースされた機関車がこれらの規則を遵守することを確実にしなければなりません。これは、最新の基準を満たすために、古い機関車を再建またはアップグレードするための追加費用を含むかもしれません。
  • メンテナンスと修理: Locomotivesは、定期的なメンテナンスと修理が必要な複雑な機械で、最適な性能と安全性を保証します。 不動産リース会社は、リースされた機関車を維持し、修理する責任を負います。 メンテナンス設備、熟練した技術者、スペアパーツの空き状況は、効率的なフリート管理に不可欠です。 修理のメンテナンスや遅延のあらゆる混乱は、顧客満足度に影響を及ぼし、リースされた機関車のためのダウンタイムの増加につながることができます。

カウンターバランス: 厳格な規制は、機関車業界に対するコンプライアンスの課題を提起していますが、イノベーションと持続可能な慣行の機会も提示します。 ロコティブリース会社は、環境にやさしい技術と近代化への投資のための触媒として、これらの要件を活用することができます。 排出削減および安全機能の進歩をだけでなく、規制遵守を確保するだけでなく、運用効率を高めます。 さらに、このような積極的な対策は、企業イメージをプラスし、環境に配慮したクライアントを惹きつけます。 最終的には、規制の要求に適応することは戦略的な動きとして見ることができます。, 長期的な産業レジリエンスを育成し、環境と安全基準の進化した風景と企業を一直線に並べる.

最近の開発

新製品発売

  • 2021年、Alstomは転がり在庫の製造業者を進水させました2021年11月の新しいTRAX DC3の機関車。 TRAXX DC3は、貨物、旅客、吊り下げなど、さまざまな用途で構成できるモジュラー機関車です。

買収とパートナーシップ

  • 2023年5月4日、欧州電気機関車向け鉄道車両リース会社であるRailpool Groupは、 GICについてグローバルな機関投資家であるPalladio Partnersは、グローバルインフラ投資の分野におけるドイツの専門家であるCo-owner Palladio Partnersから、さらに27%の株式を買収しました。 トランザクションは、GICをRAILPOOLの過半株主にします。
  • で 2022, Porterbrookリースアセットカンパニー 英国インフラ投資会社であるロック・レールと提携 このパートナーシップは、RailのRailのRailのRailのRailのRail資産ポートフォリオにリースリースリースリースの機関車を参照してください。

プロフィール 2. リースタイプ 2023 による全体的な Locomotive リースの市場シェア (%)、

機関車リース市場

To learn more about this report, request a free sample copy

Locomotiveリース市場トップ企業

  • 株式会社GATX
  • プログレス・レール(Caterpillar社)
  • トリニティエール
  • 三井レールキャピタル株式会社
  • Beaconレールリース
  • レールプール
  • SMBCについて 鉄道サービス
  • VTGについて レールリース
  • 三井物産株式会社
  • Touaxレール株式会社
  • ツイート 株式会社グループ

定義: Locomotiveリースは、企業や個人がそれらを購入する代わりに指定された期間の機関車を借りる練習です。 企業は、所有権の財務負担なしに、近代的で効率的な機関車にアクセスし、柔軟性、コスト効率性を提供し、特定の輸送ニーズに合わせた専門機器へのアクセスを可能にします。

Frequently Asked Questions

高い初期コスト、規制および環境コンプライアンス、およびメンテナンスおよび修理要件は、機関車リース市場の成長を妨げることができるいくつかの重要な要因です。

機関車リース市場の成長を促進する主要な要因には、費用対効果、インフラ開発、運用の柔軟性、技術の進歩、および鉄道ネットワークの近代化と拡大の必要性が含まれます。

フルサービスのリースは、機関車リース市場における主要セグメントです

機関車リース市場における主要なプレーヤーには、GATX Corporation、Progress Rail(A Caterpillar Company)、TrinityRail、Mitsui Rail Capital LLC、Beacon Rail Leasing、Railpool、SMBC Rail Services、VTG Rail Leasing、Mitsui & Co.、Touax Rail Ltd.、CIT Group Inc。

アジアパシフィック地域は、機関車リース市場への重要な貢献です。

2023年から2030年までの機関車リース市場向けのプロジェクト化合物年間成長率(CAGR)は8%です。

View Our Licence Options

Need a Custom Report?

We can customize every report - free of charge - including purchasing stand-alone sections or country-level reports

Customize Now

Want to Buy a Report but have a Limited Budget?

We help clients to procure the report or sections of the report at their budgeted price. Kindly click on the below to avail

Request Discount
Logo

Reliability and Reputation

ESOMAR
DUNS Registered
Clutch
DMCA Protected

9001:2015

Reliability and Reputation

27001:2022

Reliability and Reputation

EXISTING CLIENTELE

Joining thousands of companies around the world committed to making the Excellent Business Solutions.

View All Our Clients
trusted clients logo
© 2024 Coherent Market Insights Pvt Ltd. All Rights Reserved.